質屋って物を売る以外にお金を借りれるの?

MENU

質屋って物を売る以外にお金を借りれるってホント?

 

質屋は物を売るだけでなくお金を借りれるのをご存知でしょうか?
最近は銀行や消費者金融による個人向け融資が人気で質屋でお金を借りる人も少なくなりました。

 

無担保無保証人であるキャッシングが現れ始めた頃には多くの質屋が廃業に追い込まれてしまいました。
とは言え、今現在も営業している質屋は沢山ありますのでお金を借りることは可能です。

 

では具体的にどのようにして質屋でお金を借りるのでしょうか?

 

 

質屋でお金を借りるにはどうすれば良いの?

 

質屋では品物を質=担保としてお店に預けることで、その品物に見合った金額を借りることが出来ます。
カードローンやキャッシング同様に利息がかかります。
元金と利息を全額返済できれば質として預けた品物は返ってきます。
しかし定められた期間内に返済ができなければ質として預けた品物は借りたお金の返済に充てられてしまい、自分の手元には戻らなくなります。
これを質流れといいます。
ただカードローンやキャッシングですと期日までに返済できないと催促の電話や督促状が送られてくるなど精神的に苦しくなりますが、質屋の場合は品物を失う代わりに返済の義務は無くなります。

 

 

カードローンやキャッシングと質屋はここが違う

 

お金を借りる方法としてはカードローンやキャッシングが主流となっている今、あえて質屋でお金を借りることに何かメリットはあるのでしょうか?
カードローンと質屋は具体的に何が違うのか比較していきたいと思います。

 

カードローンと質屋の大きな違いとも言えるのが担保の有無です。
カードローンやキャッシングは保証人だけでなく担保も不要でお金を借りることが可能です。
これに対し質屋でお金を借りる場合は何か質として預ける品物、つまり担保が必要となります。
カードローンの場合利用希望者の返済能力や信用力に見合った限度額が設定されますが、質屋の場合は預けた品物に見合った金額が借り入れ金額となります。
質屋の場合は返済能力や信用力は一切関係がないということになります。

 

担保の有無によって返済に対する督促があるかないかも大きな違いの1つです。
カードローンの場合、返済に送れると利用者に対し支払いの催促がされます。
始めは電話で催促しますがそれでも支払ってもらえない場合は督促状が送られてきて、最悪の場合は裁判を起こされることになる可能性も有ります。
しかし質屋の場合、返済できなかった際は預けていた品物の所有権を失うだけで済みます。
督促などは一切なくその代わりに品物を手放すだけです。

 

カードーローンは信用貸しですから利用の際には信用情報機関にて管理されている信用情報に記録が残ります。
ですが質屋は信用貸しではありませんからお金を借りたり返済を遅延したとしても信用情報に一切記録されません。

 

利率を定める法律が違うのも両者の大きな違いといえます。
質屋の場合、質屋営業法にもとづいて営業をしていますので上限金利もカードローンと異なります。
カードローンの上限金利は年20%ですが、質屋は年109.5%となります。
カードローンと比べて実に5倍以上の金利となりますが質屋の場合は、原則3ヶ月間の返済期限であること、小口融資であること、担保の保管が必要なこと、担保の鑑定が必要なことといったことも踏まえて木の金利と成っています。

 

金利や総支払額を考えればカードローンで借りるほうが圧倒的にお得です。
ですが質屋は督促や取り立てがなく、質流れになれば支払いはしなくて済むという魅力があります。
返済の見込みがあればカードローンで、とりあえずお金が必要だけど返済のみ通りが立たないと言う場合は質屋といったように使い分けるのが良いでしょう。