大学生がお金を借りる方法や条件はどんな感じ?

MENU

大学生がお金を借りる方法や条件は?

 

大学生でも民間の金融機関でお金を借りることが出来ます。

 

大学生だからという理由でカードローンやキャッシングは出来ないといったことはありませんので安心してくださいね。

 

今回は大学生がお金を借りる方法や条件について解説していきたいと思います。

 

 

大学生がお金を借りる方法と条件

 

大学生でもお金を借りることができる金融機関は基本的に消費者金融です。
銀行でもカードローンを扱っていますが、審査基準が厳しく大学生のように収入も仕事も安定していないと審査に通るのはかなり難しいです。
また銀行によっては学生の申し込みを断っているところも多いです。
確実にお金を借りたいと思うのであれば審査基準が厳しくない大手消費者金融に申し込むのが1番です。

 

カードローンの審査に通るためには安定した収入が必須となります。
大学生の場合、毎月一定のペースでバイトに入るのは難しいことも多いかもしれません。
その為、収入にばらつきが出てしまう可能性もあります。
収入の安定性とは毎月一定額を滞り無く得ていることですから、月によって波があったりすると審査通過は難しいと思ったほうが良いです。
勤続年数も審査ではかなり重視されます。
同じ職場に長く勤めていればそれだけ辞める可能性も低く仕事も収入も安定しているといえます。
どれぐらいの勤続年数があると良いのか金融機関によって異なりますが、目安は1年以上です。
学生アルバイトですと最低でも半年は欲しいところでしょう。
半年未満や働き始めたばかりの人は申し込んでも審査通過の可能性は低いです。

 

 

学生ローンは使い勝手が悪い

 

大学生がお金を借りる方法として学生ローンというサービスもあります。
学生ローンとはその名の通り学生への貸付を専門としている金融機関の貸付のことです。

 

大手消費者金融や銀行よりも審査基準が低く借りやすいのが学生ローンです。
週2,3日程度しかバイトしていない学生でも十分に借りれる可能性があると言われています。

 

学生にとって審査ハードルの基準が低いのはありがたいことですから利用したいという人も多いでしょう。
ですが学生ローンは大手消費者金融や銀行のカードローンと比べて非常に使い勝手が悪いです。

 

もちろん最終的に利用するかどうかは本人次第ですが、出来れば大手か銀行での利用を検討したほうが良いです。

 

学生ローンは一般のカードローンとは違って全国対応していません。
限られた地域に住んでいる方のみ利用することが可能です。

 

契約手続きや借入れするにも来店が必須となりかなり手間がかかります。

 

借入れ専用のローンカードもありますが、コンビニATMなどには一切対応しておらず専用のATMでしか借りることが出来ません。

 

口座振り込みで対応しているところもありますが、繰り返し借り入れできるわけではなく、その都度審査が必要となります。

 

この様に学生ローンは利便性が低くお金を借りるのに手間がかかります。
ただ審査基準は低いので借りやすいという点ではメリットが有るといえます。

 

一般の消費者金融等でダメな場合の最終手段として考えておくのが良いかと思います。

 

 

大学生が親に内緒でお金を借りるには?

 

親に内緒でお金を借りたい学生は多いかと思います。
借金であることには変わりありませんから内緒にしておきたいところですよね。
家族にバレないようにするには自宅への郵送物をなしにすることが必須となります。
大手消費者金融の自動契約機を使って契約すれば自宅への郵送物を無くすことが出来ます。
親バレを避けたい方は大手消費者金融を利用すると良いでしょう。