勤続年数が長いほうがカードローン審査に通りやすい?

MENU

勤続年数が長いほうがカードローン審査で有利?

 

勤続年数がカードローン審査で有利になるということを聞いたことがありますでしょうか?

 

1つの職場に長く働いているほど審査で有利となり融資を受けられる可能性が高くなると言われています。

 

では何故勤続年数が長いうほうが審査で有利となるのでしょうか?

 

今回は勤続年数とカードローン審査の関係性について紹介していきたいと思います。

 

 

勤続年数は長いほうがカードローン審査では有利なの?

 

消費者金融でも銀行でもカードローンの審査について明確に基準を公開している金融機関は一切ありません。
ですがこれまでにカードローンやキャッシングに申込みした方たちのデータ等を統計的に考えることによってある程度の目安を受けることは可能です。

 

その内の一つとなる勤続年数。
実は審査を通過するためにもかなり重要な項目となっています。

 

勿論、審査は総合的に判断されるものですから勤続年数だけで決まるものではないということは予め理解しておいてください。
ですが勤続年数が融資を通過するためには重要な項目の1つということも事実です。

 

カードローン審査では何よりも収入の安定性が重要となります。
収入の安定性を推し量るのに勤続年数は重要な指標となります。

 

勤続年数が長ければ急に解雇されるケースはかなり低く、収入は安定していると考えられるからです。
また年功序列が基本であるため、勤続年数が長いほど収入は多くなります。

 

こういったこともあって勤続年数は審査で重要視されるのです。

 

そうはいっても現在の日本では1つの職場に長く働くという人が減ってきており転職が当たり前になっています。
終身雇用の枠組みが崩壊してきているのは確かでしょう。

 

勤続年数は具体的にどれぐらいあると良いのかといいますと、最低でも半年以上が1つの目安です。
半年も仕事を続けていれば突然止めたり収入が途絶えるというリスクは少ないです。

 

当然、1年、3年、5年と勤続年数が長くなるに連れ審査でのスコアリング評価は高くなり審査に通りやすくなります。

 

 

転職したばかりだと勤続面数が短いので借りれない?

 

転職したばかりの人は勤続年数なってあってないようなもの。
最低でも半年以上は同じ職場で働いていないと審査に通過するのは難しいです。

 

ですが転職したばかりだから絶対に借りれないというわけではありません。
転職したばかりの人がカードローンの審査通過するコツは、借入希望額が10万円以内であること、勤続年数が半年以上あること、信用情報に傷が付いていないことです。

 

転職したばかりですと収入はまだ安定的とはいえませんので、借入希望額が高過ぎると審査落ちの可能性が高くなります。
審査通過するには出来るだけ借入希望額は控えめにしましょう。

 

信用情報に傷が付いていると絶対に審査に通らないわけではありませんが、それは安定収入があったり勤続年数が十分にあることを前提としています。

 

転職したばかりの人は信用情報にちょっとでも傷が付いている状態ですとほぼ審査に通ることは出来ないと持ったほうが良いです。
収入が安定しない内は返済が苦しくなりますので、申し込みする前にほんとうに必要なのかよく検討するようにしましょう。


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須