主婦がお金を借りるための方法はある?

MENU

主婦がお金を借りるためにはどうすればいいの?

 

主婦がお金を借りるためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

カードローンやキャッシングは主婦だと利用できないと諦めてしまう方も多いようです。

 

金融機関からお金を借りるのは非常にハードルが高いものと思ってしまうのも無理はありません。

 

ですが主婦であってもお金を借りることは可能です。

 

今回は主婦がお金を借りる方法と条件について紹介していきます。

 

 

主婦がお金を借りるには安定収入が必要

 

主婦に限ったことではないのですが、カードローンを利用するには申込者本人に安定した継続収入があることが必須となります。
あくまでも申込資格ですからこれだけを満たしていれば直ぐにでも借りれるというわけではないですが、ココをクリアしていないことには申し込んでも審査に通ることは先ずありません。
パートで働いている主婦であればこの条件に関しては何の問題もなくクリアできるでしょう。

 

カードローンを利用するには本審査を通過しなければいけません。
審査基準の詳細が知りたいという方も多いですが残念ながらどの金融機関も審査基準は公開していません。

 

しかしカードローンの審査において主にどの項目が重視されているのかはある程度同じのようです。
ここでは一般的に審査で重視されている項目について見ていきたいと思います。

 

審査通過する上で絶対に必要となる条件は安定収入とクレジットヒストリーが健全であることです。
単に収入が多ければ審査に通るというわけではなく、きちんと継続的に安定収入があるかどうかが重要となります。

 

毎月継続して一定金額の収入があれば収入自体が少なめでも審査通過の可能性は十分にあると思ってよいです。
事実、パートでもカードローンを利用している主婦は沢山いらっしゃいます。

 

安定収入を図る上で勤続年数も必ずチェックされます。
仕事が安定していれば収入も必然的に安定してきますので勤続年数が長いほうが審査は有利です。

 

ただ勤務日数が少ないといくら勤続年数が長くても審査に通る可能性は低いですから注意しましょう。
少なくとも週3,4以上は出勤していないと厳しいでしょう。

 

勤続年数は1年以上あるとかなり有利になります。
1年未満でも審査に通ることはありますが確立としてはかなり低きなりますのでその点は覚えておきましょう。

 

クレジットヒストリーとはローンやクレジットカードの利用履歴のことを言います。
ローンやクレジットカードを利用すると、利用履歴に関する情報がその都度指定信用情報機関に登録されます。

 

収入に見合った借入れをしていて返済を期日を守って出来ていれば審査に悪影響をおよぼすことはまずありません。
逆に無理な借入れをしていたり返済を滞納しているようですと審査では大きなマイナス要因となり秘訣になる可能性が高くなります。

 

携帯電話本体を割賦払いで購入している場合も対象となりますので、支払いを送らせていないか一度確認しておくと良いでしょう。

 

 

主婦が旦那に内緒でお金を借りるなら消費者金融

 

パート主婦であれば旦那に内緒でお金を借りることは可能です。
大手消費者金融が設置している自動契約機にて契約手続きすれば自宅に郵送物が送られてくることはありません。

 

利用明細もWEB上で確認すること出来ますので、借入する度に利用明細が送られることもないです。
但し返済が送れると督促状が来る可能性がありますので期日通りに返済できるようにしましょう。

 

 

専業主婦でもお金を借りれるの?

 

専業主婦でもお金を借りることは可能ですが、かなり面倒な手続きが必要となります。
消費者金融で借りる場合は配偶者貸付に申し込んで借りますが、婚姻関係証明書や配偶者の同意書が必須となります。
当然旦那に内緒で借りることは出来ません。
銀行カードローンの場合は旦那に安定収入があるという条件をクリアしていれば申込可能です。
但し勤務先へ在籍確認の電話が入りますのでやはり内緒で借りるということは難しいでしょう。

 

 


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須